見た目も実用性も良いフロアコーティング

フロアコーティングをする理由

艶出しをするならワックスで十分だという人も、実際にフロアコーティングを施工すると、してよかったという声が多いです。その理由とは何でしょうか。

フロアコーティングの必要性

ワックスがけが一般的

フローリングの家に住むためには、数ヶ月に一度のワックスがけが必要でしたよね。家の大きさによっては半日ほどかかるくらいの大作業です。そのため、フロアコーティングを施工すると、ワックスがけを行なう手間が省けます。

面倒でワックスがけをしないと

ワックスがけをしないと、艶が無くなり、さらに少しの家具の移動でもフローリングが傷ついたりします。フローリングの痛みは張替えをしないと直らないので放置しておくのも嫌ですよね。

フローリングが痛んでしまう

ワックスがけなどを怠って、フローリングが痛んでしまい、結局床を張り替えることになる場合があります。そんな時にリフォーム代が高くついてしまうことも多いと思います。

フロアコーティングで美しさをキープ

フロアコーティングをすることで、ワックスがけをしたような美しさが10年ほども続きます。面倒なワックスがけから解放されます。

保護目的としてフロアコーティング

見た目はもちろん、キズがつかないように綺麗な状態を保護するために、先にフロアコーティングをすることがおすすめです。

フロアコーティングをする

作業員

フロアコーティングをすることで

フロアコーティングには様々な効果があります。ただフローリングを保護するだけでなく、フロアコーティングを施すことで様々な利点を得られることになります。

フローリングの劣化を防ぐ

フローリングは紫外線により劣化が早くなります。フロアコーティングをすることで、UVカットの効果があり、フローリングを劣化から守ることができます。

見た目の美しさが増す

フロアコーティングを施すことにより、艶がでて高級感あふれるフローリングになります。見た目が綺麗だと住んでいて心地よく感じますよね。

メンテナンスが楽

フロアコーティングをすることにより、定期的なワックスがけから解放されるため、長い期間綺麗なフローリングを保つことができ、さらに季節ごとの大掃除も楽になります。

広告募集中