その人その場所に合ったフロアコーティング

フロアコーティングに期待する効果

部屋

フロアコーティング剤の多様化

フロアコーティングをする方は、もちろんフローリングの保護を優先しています。コーティング剤が多様化し、フロアコーティングを考える方たちも、どういったものからフローリングを守りたいのか、目的からコーティング剤を選ぶようになりました。

その人や環境に合わせた素材

コーティング剤には住む人や環境に合わせた素材を選べるようになっています。例えば日差しがよく当たる場所では、UVカットを重視したりと、様々なニーズを選択することができます。

小さいお子様やペットにも安心

ワックスなどは強い臭いで少し心配になることがありました。フロアコーティングに使用されるコーティング剤の中には、有害なものを排除した素材を使ったものがあり、小さいお子様やペットと暮らしていても安心して施工ができます。

コストパフォーマンス

耐用年数が長いものでは20年フロアコーティングの効果が発揮されます。相応の値段がしますが、20年分の掃除やワックスがけ、劣化での張替えを考えると、長期的には安上がりになり面倒な掃除の回数も少なくなります。

お試しでできる値段のものも

実際の仕上がりがわからないし、耐久年数が長いものは高くて手が届きにくいという方へ、比較的安価ですぐにコーティングの効果を実感できる商品も展開しています。一度試してみて、納得がいかなくても、コーティングを外しやすくなっているので、まずは効果を自身で実感してみてはどうでしょうか。

多様化する素材

フローリングを使用する場所が、自宅だけでなくオフィスまでにも広がり、使用環境が多様化しています。そんな中で何が重要視されているのでしょうか。

フロアコーティングの重視ポイント

no.1

耐久年数

長く使うことを前提として、耐久年数を重視する利用者の声が第一位に挙げられます。

no.2

掃除のしやすさ

コーティング剤には、静電気防止機能があるものや掃除が簡単に行なえる素材があり、重視されて選ばれています。

no.3

傷への強さ

フローリングへの傷の強さ、また直接的ではなく経年劣化に対する保護機能もあるので、重要視する声が多く第三位に選ばれました。

no.4

見た目の美しさ

フローリングの見た目が良いと気持ちがいいという反響が多く、第四位の重視するポイントとして選びました。

no.5

価格の比較

第五位には価格が重視するポイントだと選ばれました。似た素材の中から、より安くより良い効果を選ぶことが大切です。

広告募集中